スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロガー様向け交流イベント

20110205-_DSC7926.jpg



エプソンプロセレクションブログが主催するブロガー交流イベントに行ってきました。
エプソンさんのスタッフの方々、有意義な時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。



内容的には、

新型プリンタ(PX-5V)の発表。
プリンターのモニタとして実機の貸出。
プリンターに関して記事をエントリー依頼。

が、主な事柄かと思います。


なので、早速まず今回のイベントについて書こうかなと思ったのですが、詳細については他のブロガーさん達の方が見識が深く、私がこれ以上の記事を書こうと思ったら二,三日考えないととか思っちゃうので、とりあえず、他のブロガーさんの記事にリンクしときます^^;

ふぐり日記

おらひ日記帳

七匹目のどじょう

hanchanjpの写真日記

shindoのブログ

Right-Light PhotoDiary

さて、リンク貼っただけで、終わりにしちゃうのはエプソンさんにも他のブロガーさんにも非常に失礼だし、かといって私ごときが何かまじめな話ができるほど知識があるわけじゃないので、ここは皆さんを代表して負のオーラ全開で批評に徹してみようかと思い、あげ足とる気満々で批判ばっかりのブログ記事を書いてみようかと思います。

私ごとき弱小カメラマンが何書いたってエプソンさんには痛くも痒くもないだろうし、私にとってだって底辺のカメラマンがこれ以上失うものもないですしね。^^

イベントの流れとしては、14:30から商品説明が小一時間ほどあり、その後写真家の吉田繁さんによるトークセッションがちょっとだけあって、最後に事前に持ってくるように言われたデータでの実際のプリントといった感じでした。
終了予定が16:30で、俺的にこの時間で終了ということは、「お時間のある方は別室にてレセプションの用意がございますのでお立ち寄りください」なんてアナウンスを期待したのですが、そんな期待は見事に裏切られてあっさり終了。

う~ん、これってどうなの?「交流イベント」だよね?
エプソンさん⇔ブロガーさんの「交流」として見たって「交流」してなくね?
ブロガーさん⇔ブロガーさんの「交流」だってほぼ皆無。
私自身、顔見知りの方としかしゃべりませんでしたしね。
正直言わせてもらえば、エプソンさん→ブロガーさんの一方通行。
そりゃあ、エプソンさんからの情報としては2時間も聞いてきたわけだからエプソンさんの話はよくわかりましたけど、ブロガーさんからの情報はいらないの?
ブロガーさんからの情報が要らないのだとしたら「交流イベント」ではなくて、「新製品発表会」じゃないだろうか?
実際、私がエプソンさんのスタッフさんと話をしたのは二言三言、ほぼ質問ばかり。

別に「酒ぐらい出せよ!」って言ってるわけじゃないですよ。
いや、言ってるのかもしれんけどね。^^;
俺が言いたいのは、ブロガーさん達にしゃべらせる機会が皆無だということ。
もちろん、最後の方に質問タイムがあったりしましたけど、俺みたいなヒッキーで大勢の人前でしゃべる機会なんぞほぼないやつにとっては質問なんてできるはずないのです。

「本社なもんでお酒は厳禁なんですよ」というならば、間に挟んだ休憩時間を長くしてもっとしゃべらせるor説明を深くするといった事は出来るかと思うのです。

終了後にしたって、再度お茶を進めて足を止めるなり、「お近くのスタッフがまだまだご質問にお答えします」とアナウンスしたっていいし、あれだけスタッフ揃えているのだからひとりひとりが、ブロガーさん達一人一人に何か感想を聞いてみるとか、いくらでもやりようはあると思うのです。

まあ、レセプションしちゃうっていうのはかなり安易で簡素で簡単なやり方ですし、かつこれは強力なのです。
だって、やっぱり飲まされた方は、今これ書いている俺みたいなやつのように悪口書けなくなりますもんね。
少なくとも酒飲みの俺としてはそういう場があったら、これ書いてないでしょうからw
それとやっぱり、酒が入ると人の口は軽くなるのです。
本音を聞いてみたいと思わない?思わないのかなぁ~エプソンさんは。
てか、商品自体が完全なものを作っている自信があるからブロガーさん達の意見なんぞいらないのかもしれませんし、市場調査で十分なのかも?!

なので、今回の「交流イベント」は「交流イベント」にあらず、実際には「ブロガー向け新商品説明会」とするのが妥当かと。

「そんなことぐらいで長々と書くなよ!」とおっしゃる諸先輩方がいるかもしれません。
実を言いますと、20代前半に某大手広告代理店グループのイベントメインの子会社の写真部門に2年半勤務していたので「イベント」と名の付くものには非常に敏感なのです。
それと、この手の「イベント」には過去に2,3回出席させていただいたことがあり、それと比べても参加者からの情報を引き出したいという感覚がエプソンさんはちょっと欠落している感じがしたのです。

感想としては、「あ~イベント会社もしくは代理店が噛んでいない純粋に企業が企画したイベントなんだ」と思ったのと、もし代理店が入っているとするならば、「ちょっとその代理店の担当者変えた方がいいんでない?」って感じです。

もちろん、予算ありきの話ではありますけど、やりようはいくらでもあるかと。


さて、長々と最初からろくでもないこと書いてしまったので、プリンターの実際のことに関してはまた今度書きます。

それと、実を言うとFC2でのトラックバックのやり方がいまいちよくわかってないのでトラックバックが遅くなるかもしれません、申し訳ないです^^;

あと、やっぱり懐の深いエプソンさんのことだからこんなこと書けちゃうってのがあると思うのでそこのところご了承ください^^;
スポンサーサイト

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

ブロガー様向け交流イベント②

今日もエプソンプロセレクションブログのお話です。

その前に、前の記事を書いた後に、事務所でまったりとこれを書いていると、突然事務所の電話が鳴る。

日曜日の夜にわざわざ事務所に電話をしてくるなんて、何かいかがわしい勧誘ぐらいしか思い浮かばないのですが、一緒に居た相棒が電話をとった後、私に手渡してきたので「変な勧誘の相手するの面倒なんだな」とか思い、電話に出てみたらなんとエプソンさんから!

いあもうなんかどきどきしちゃいましたよ^^;

「あんなブログ書きやがって!」とか

「宇谷屋にモニタさせねぇ!」とか

言われるのかしら?なんてかなり身構えちゃったんですけど、トラックバックのちゃんとした方を消しちゃったとのこと。
いや、やり方わからずあれやこれや色々やってなんかわけわからんやつを私が送っちゃったやつの後処理をさせちゃった時の事故らしくて、ホント申し訳ないです^^;
しかし、いやぁ、さすがエプソンさん。懐の深いこと。

調子に乗ってもうちょっと過激に行こうかと決意を新たにしてしまったり。


さて、本題です。

前回はイベントそのものについて一生懸命あげ足をとってみました。
あんなん書いちゃったら、もう二度と呼ばれないんだろうなぁとか思ったり、逆に次回行ったら「どうだ!宇谷屋!これで文句ないだろ!」てな感じで酒がずら~っと並んでいるのかな?とか思ったりしております。

それと、dojyouさんにトラックバックのやり方を教わったのですが、どうやら試行錯誤の結果いったっぽい?です。
あ、それと、dojyou様、いただいた日本酒、おいしくいただきました。
こんなとこで申し訳ないですがお礼をのべさせていただきます。
ありがとうございました。



今回は新型プリンター(PX-5V)についての説明に思ったことを書いてみましょう。
せっせと粗さがししてみたのですがなかなか粗は出て来ませんでしたので今回も揚げ足とりです。

新型のプリンターですから当然旧製品から色々改良がなされているのです。

その中の一つでシャーシーの剛性アップについて技術の方が説明してくれたのですが、簡単に言えば、部材が頑丈になって重くなったということで、その分更に用紙のコントロール制御が良くなったとのこと。
これ、技術の方の話を聞いてた時は何にも疑問が出てこなかったのですけど、後から思ったのは、最小インクドットサイズが更に小さくなってかなりシビアになってきちゃって、とてもじゃないけど従来のフレームじゃあまともに制御しきれないって話なんじゃないかなぁ~と想像してみました。
いや、もちろん想像ですよ。素人の私がたいしてない頭をひねった結果としての想像です。

でもね、重くして部材を多くして、以前のフレームからの変更って結構なコスト高と、開発費の上乗せがあるのではないのかなと思うのです。
ユーザーサイドとしては、当然、重いより軽い方が良いでしょう。
メーカーサイドとしたって、旧製品と型が一緒の方が開発費だって部品だってコスト削減でしょう。

なんでこんな想像上の話をするかというと、フレームを変えたなんていう話を持ち出すぐらいだからおそらく相当な何か私たちには見えてこない(解らない)苦労があったから話していると思うのです。

それをなんかいとも簡単に「剛性アップ」のひとことでかたづけてしまう。

いや、限られた時間の中で「これの説明は何分以内」とか、そういう理由もあるのでしょう。

けれど、ブロガーとして参加した私が思うに、やっぱりそこの苦労したところの苦労話を聞かせてくれよ!と。
カタログなんかじゃ絶対謳わない様な話を参加したブロガーだけに聞かせてくれ!と。

なにもプ○○ェクトXばりのお涙ちょうだいの話を作れ!と言ってるわけじゃないんですけどね。

だからやっぱり、時間が足りないから、終了後のレセプションなんかがあるとそこですんなりそんな話が出てきたりして、やっぱりそういう話は面白いわけだし、そういった事の積み重ねがエプソン好き好きになるんじゃないだろうか。

「また、のませろって話かよ!」ってツッコミは無しで^^;


でもね、開発者の自慢話や苦労話って面白いし楽しいんですよ。絶対。
そういった人間臭さがあるレポートを伝え聞いて、それをやっぱり自分のブログで紹介してみたいなぁなんて思うのです。
開発者じゃなくたって、広告宣伝担当の方が、「いやぁ~今回カタログ作るのぎりぎりで~」なんて話でもいいんですよ。

そういう「俺しか知らない話をみんなに紹介するんだぜ~」的な欲望は満たされなかったなぁ今回のイベント。

話が随分と横道に逸れてしまいましたが、まあ、私のブログなんてこんなもんでしょう。
次回までにもうちょっと粗探してもうちょっとまともな話を書けるように努力しときます。


写真が一枚もないのもさびしいので、会場の写真をw


20110205-_DSC7932.jpg


20110205-_DSC7933.jpg








テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

ブロガー様向け交流イベント③

2回目に引き続き、今回も負のオーラ全開で書こうかとがんばってみますが、いかんせん製品(PX-5V)の完成度が高すぎて突っ込みどころが変な方向にばっかり向かっております。

今日初めてここを見る方なんて居ないかもしれませんが、一応説明しますと、エプソンプロセレクションブログのブロガー交流イベントに足を運んだ私がせっせと揚げ足とりをしている記事です。
yukinyaa様のブログの記事のタイトルなんか「ブロガー向け発表会」とかなってますけど、「交流イベント」ですからね、皆様お間違いなく。
でも、エプソンプロセレクションブログを見ると「PXー5V ブロガー発表会」とかタイトル付いてて、「あれ~案内の招待状は交流イベントなんだけどぉ?」みたいな突っ込みをしたくなる・・・まあ多くは語るまい。


さて、今日は本気でPX-5Vの弱点探しをしてみたので、そのあたりをだらだらと書いてみようかと思っております。
他のブロガーさんたちがもっとちゃんと書いているんで、かな~り躊躇したんですが、これから読む方には頭の中にある情報を忘れてもらうということでお願いします。

まず最初に気になったのは「メンテナスカートリッジの交換がユーザーにはできない」ということ。
これ本気で危機的なお話なんです。
実を言うと私の周りのカメラマンでこのメンテナンスカートリッジが交換できなくて、エプソンからC社に買い替えた人を二人ほど知っています。
この二人の内のおひとりに話の詳細を聞いた事があるのですが、仕事中(コンタクトシート作成)に突然印刷できなくなり、かといって仕事をしないわけにはいかず、速攻でヨドバシに車を飛ばしてプリンターを購入。
このとき、買ったのはかなり安いエントリーモデルのC社のプリンター。
理由は、突然仕事を中断させられてかなり不機嫌な状態において、不機嫌の原因になったエプソンを再度選ぶ気はなかったとの事。

「エプソン二度と買わねぇ!」って怒りを込めて言ってたのが印象的でした。

その後、この方のプリンターが壊れたときに再度選んだプリンターもC社でした。
おそらく、この方はこの先どんなにエプソンが良いって評判を聞いても二度とエプソンさんは選ばないんだろうなぁ。
ちなみにこの方の使用頻度は日に10~20枚A4コンタクトシートをプリントするぐらいで、ほかの用途には全く使わない人です。
たぶん、少なく見積もっても月に150枚ぐらいプリントしている感じの方ですね~。


次に気になるところはyukinyaa様が言っていた20枚しか入らない問題。
インクタンクが大きくなってインクを変える手間が少なくなったにも関わらず、相変わらずセットできる用紙の枚数は多くなってないって話です。
これって、エプソンさん盲点だった?んじゃないのかなぁ。
確かに仕事でこういうことあるよなぁと思いました。
例えば、A4のコンタクトシートを作っているときに1セット10枚で、それを4セット欲しいなんて話あります。
40枚セットして「飯行ってこよ」とかできるようになるのは便利ですよね。

エプソンさん「次回検討させていただきます」

yukinyaaさん「5年後ですね^^」

なんてやりとりしてて笑わせてもらいました。


最後はやっぱり皆さん注目するところのランニングコスト。
こういうのって、市場原理で売れれば売れるほど安くなるっていうのは適用外なのかなぁ~。
昔テレビでホチキスの針を売りたくてしょーがないなんて話をやってたけど、確かに延々と消耗品が売れればうれしいよね。
吉○家の牛丼みたいにある日突然値段を下げたら売り上げが3倍になったとかそういうのはプリンターのインクにも言えるもんじゃないのだろうか?

用紙が結構な値段で、インクも結構な値段で、インクなんか4セット買ったら本体が買えちゃう値段になっちゃうんだし、これがぜ~んぶ半額になったからといってユーザーが3倍使うか?って考えると使わないか^^;
難しい話だろうけど、なんとかもうちょっと安くなるとユーザーとしてはうれしいですね。


さて、ここまで書いて、もちろんモニタもする(させてもらえますよね?エプソンさん^^;)わけだし、PX-5Vを私が買うかどうかという話をしてみようかと思います。


その前に、私のプリンターの環境をちょっとだけ。
現在、事務所に鎮座しているプリンターはPX-G5100とPX-6000です。

PX-G5100はデザイナーの村岡さんのところに同じものが2台あるので「二台もいらんだろ一台1万で売れ!」と無理やりドナドナさせたもの。

PX-6000は、師匠に「大きいのいいだろ?」と言われて平賀スタジオから我が事務所に移住してきたもの。

プリンターの環境としてはこんな感じなのですが、実際のプリント環境としては、スナップなどの納品時にデータとともに付けて渡すコンタクトシートの作成にはPX-G5100でプリントして、何か大きなものをプリントするときにはPX-6000。
写真展をやるときなどの高品位なものを作りたいときには平賀スタジオに行ってPX-5800をお借りするって感じですので、ほぼ不自由のない環境なのかな?とか思ったりします。

平賀スタジオは私の事務所から歩いて10分ぐらいの距離なので、「ちょっと遠い場所にあるプリンター」って感覚で毎回お世話になってたりします。

前置きが長くなりましたが、今回エプソンさんに見せていただいたPX-5Vをうちの事務所で導入するならばやっぱり導入するための動機が必要となります。

当然買い替えた場合に画質の向上を考えるならば、これはもう文句のつけようがないと思います。
う~ん、欲しいのは確か。
だって、PX-G5100が微妙に調子悪かったりするんです。
こんなこと書くと「そりゃ買い替えでしょ」ってなりそうですが、どうもエプソンさんに乗せられているようないないような・・・

まあ、まだまだ先の話ですからね^^


イベントの話は今回でおしまいにします。

他にもつっこみたいところ色々あったんですけど、ちょっと頭の中で思い浮かべただけで本気で怒られそうな内容になりそうなんで^^;
まだ大して使ってもいないんであれですが、PX-5V自体は旧機種と比べて成長した機械でしょう、スペックだけみたら。
っていうか、ぶちゃけ言うと、dojouさんとかあのあたりの人があーでもないこーでもないってがんばって解析して色々やる事とか俺にはとーてー無理な話なんで^^;

写真展やるときだって額装するのに無酸テープ使わずにパーマセルテープでマットに貼っちゃうようなやつですからねww
そんなやつが機械借りてせっせと使ってみて、どのくらいのレポートが書けるのか微妙ですが、折角の機会ですので楽しんでみます。



写真がなんもないのもさびしいので今回はdojouさんにいただいた日本酒をパタと1枚。
なんか松ぼっくりが知らない間に紙袋の中に入っていて、これもおそらくdojyouさんのでしょうから一緒に。

20110207-_DSC8091.jpg

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

PX-5V

_DSC9202.jpg

6時過ぎに事務所に戻ると、宅急便から不在連絡票が。

先日、ブロガー向け発表イベントに行ったときに話にあったモニター用のプリンターが届いたっぽいです。

お楽しみは明日かなぁ~。



テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

PX-5V レポート01

20110302-_DSC9234-Edit.jpg

例のエプソンプロセレクションブログ主催の交流会(ここ大事)でアナウンスのあったモニタ用のプリンターが、おそらく他の人より一日遅れで届きました。

yukinyaaさんとかのブログ読むとデカイって書いてあったのでまあでかいだろうなとは思ったのですが、案の定でかい。

しかも、重っ!!!

宅急便の人が軽々と持ち上げて、やけに軽そうな感じで渡すもんだから、腰に力入ってなくてあやうくぎっくり腰になるところでしたよ。

まあ考えてみればプリンタだもん重いよなぁ。
しかも、骨組強化?だっけ?更に重くなっているんだから重いの当り前だ。


で、来た箱はこんな感じ。

20110302-_DSC9206.jpg

まあ、他の方のブログでも紹介されているんだから、もういいだろって話は無しで^^;

ついでに比較写真も。

20110302-_DSC9213.jpg

もちろん比較って言ったら煙草の箱と決まっているので、当然のごとく煙草の箱も置く。

ん~、想像するのが難しい比較対象だったけど気にしない。
まあ、他の方々のブログを見てください・・・


開けるとこんな感じ。

20110302-_DSC9215.jpg

5月には送り返さないといけないかもなのでどうやって入ってたかの記録も兼ねて。
インクも2セットちゃんと入ってた。

20110302-_DSC9218.jpg


新品だし、一枚ぐらい商品撮影でもしとくかって事で、TOPの写真を撮ったり、手垢まみれになる前にパネルの写真も撮ったり。

ここまでで、既に2時間。



さて、次は置き場所を決めないとだ。

実を言うと、PX-G5100すらいまだに置き場所が決まってなかったりするので、当然PX-5Vの置き場所だって用意しているわけがない。

で、考えたって置き場所がひとりでにできるわけじゃないし、既にあきらめているので5100のお隣に並べることに。

20110302-_DSC9243.jpg


うん。

ここでいい。

ここで十分。

5月にはなくなるかもしれないんだから、ちょっとの間だ。



さて、次はインクを装填です。

で、

おもむろに手に取ったのが、フォトブラック。

で、

勘違いして、おもいっきりマットブラックのスロットに入れようとしました。

てか、かなり強引に入れた^^;


「ん~、こんなに硬いんかな~」

「新品はやっぱ硬いんだろうなぁ」


なんて思いながら、いや~強引強引。


「普通、カチッって言うよなぁ」

「でも、まあ入ったからいいかw」


なんて思いながら、次のインク(確かマゼンダか何か)を取って、入れたらあっさりカチッと入る。


「あれ?w」


「なんかさっきのやっぱ違うんじゃね?w」



で、よく見たら案の定違うじゃんwwww

あわてて抜きましたよ。

でもね、入れたのが無理やりだったんで、抜くのもかな~り無理やりな感じだった。
ちょっと、というかかなり冷や汗もんだったんだけど、動いてるからどうやら壊さなかったみたいですw

まあ、入りそうだからっていって強引に入れちゃだめです。

やさしくね。



次はインスコして繋げるんだ。


ここで当初は、5100のUSBケーブルを引っこ抜いて、PX-5Vに挿せばいいかと思っていたのですが、こいつはどうやらLAN接続もできるっぽいので、ここはいっちょうスマートにLAN接続で!

で、LANケーブルをつないだらあっさり認識。

ん~、一昔前ならネットワークってだけでやけに設定が難しかったりしたもんですが、最近はな~んにも考えないでただ挿せばいい感じです。
ファイヤーウォールの警告が出たら解除してくれみたいなこと書いてあったのですが、警告なんてなんにも出ないであっさり接続して、逆に自分のPCのファイヤーウォールが不安になってきたり^^;


さて、ながくなっちゃったので、今日はここまでで。
明日続き書きます。



プロセレクションブログはこちらです。

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

PX-5V レポート02

20110302-_DSC9231-Edit.jpg

前回は繋げたところで終わってしまいました。

前回の教訓は、「無理やり入れるな」です。

40過ぎてからホントに視力がガクッと悪くなり、同じ黒いインクなんてねぇ、入れ間違えますよ。
いや、開き直ってませんよ^-^

皆様、お気を付けください。


さて、画像処理がたんまり溜まってはいるのですが、レポートします。


かなりあっさりプリントできる状態になったので、あとはひたすら出力するだけ。
まずは、一緒に入ってたクリスピアA4をやってしまおうと、がんがんやり始める。

とりあえず、10枚ぐらいテキトーに出してみないとわかんねーよなぁ、見比べなきゃわかんねーんだし、なんて思いながら、がーっと10枚ぐらい選んでプリントプリントプリントプリント・・・

で、最初に出てきた写真見てびっくり!

ちょ!画面と全然色ちげーじゃん!

とりあえず、キャンセルキャンセルキャンセルキャンセル・・・・

ん~、5100と同じ設定にすればと思ったんだけど、だめなのか・・・
5100だと普通に画面に近い色が出て、5Vだと全然違うとか、なんなんだろうなぁ~。
とりあえず、近い色が出ないと頭こんがらがっちゃうし、ちゃーんとプロファイルつくってたりしてないしなぁw

まあ、面倒だからテキトーに色補正設定変えてみて近いのでやってみっかって感じで数枚出してみることに。

結局、エプソン基準色が画面に近いなってなったんだけど、ちっともわかってない。

わかってないけど、いいや別に。

そのうちyukinyaaさんあたりにご教授願おうw

とにかくそんなことはどうでもいいから、20枚だーっとプリントして並べてみたいんだよ、俺は!

短気なんで^^;

目の前にタダで送られてきた用紙があったら、さっさと全部使ってしまわないと気が済まないのです^^;
なんていうか、うまいものから先に食うタイプといいましょうか。

そんなんで、何もわかっていないのにプリント再開。

プリントプリントプリント・・・・

仕事の商品撮影もプリント。

ついでにコンタクトシートもプリント。

プリントプリントプリント・・・・


20枚なんてね、あっという間。

勢いに乗ってもらったA3ノビもプリントプリントプリント・・・

こんな感じ。

20110302-_DSC9246.jpg

ここまでやってちょっと思った事。
クリスピアを選んだからか、高精細に設定されていて、A4でもかなりの時間がかかっている気がする。

で、更にA3ノビをプリントプリント。

20110302-_DSC9247.jpg

5枚しかないからね、これもあっという間。

更に、ファインアートペーパーもやったる!って感じで、プリントプリントプリント・・・

20110302-_DSC9250.jpg


そう、交流会に行ったときに「写真を一枚だけ持ってきてねん」って書いてあって馬鹿正直にカラーの写真一枚だけ持ってって、出てきたのがファインアートペーパーで、「こりゃ、この紙には全然持ってきた写真合わないじゃん!」って思ったものです。

なので、今回はファインアートペーパーに合うモノクロ写真をチョイス。
しかも、ニュートラル、温黒、冷黒、セピアとやれてしまう~。

セピアまでやって、はたっと気が付く。

うむ。もう最後の一枚だ。

しかも、ファインアートペーパーだ。

何プリントしよう。

考えてみると今日はおねーちゃん写真一枚も出してないな。

うし!おねーちゃん写真のモノクロを!

でも、最近ちっとも撮ってないんだよなぁ。
40過ぎたハゲオヤジに「写真撮ってぇ~」なんて酔狂なやつも最近いないしなぁ。

あ~、もう昔のでいいや。

で、以前「9台のカメラ」に出展したやつを・・・

元原稿は8x10。

でも、画像のサイズはちっさ!まあいいや、補間でいいや。

260%拡大とかでてるけどいいや、物は試し。

で、プリント・・・

おお!ちゃんと雰囲気でてるじゃん。

ファインアートペーパー5枚並べて観て、うん、やっぱ交流会に持ってった写真は合わんかったよ。

20110302-_DSC9255.jpg

前面給紙は便利さがあんまり実感できなかった。
なぜかというと背面給紙をやったことないからw

あれです。
俺には、クリスピア以上のたっか~い紙は縁がないのです。
写真展やるときだってせいぜいクリスピアだからね。

しかも置き場所がとんでもないですから、背面でも苦労しなかったなぁたぶん。
でも、今まで背面給紙でせっせとやってきた人には朗報なのでしょう。





この時点でインク残量こんな感じ。

サンプルプリント後の残量

A3ノビ10枚、A4を20枚。





さて、使い切ってしまった。

でもなんんんか物足りない。

もうちょっとでいいからプリントしたいなぁ。

てか、20枚じゃ試しにプリントしただけでなくなっちゃうぜ。


そうだ!普段使っているやっすい紙もやってみないとだなw

とりあえず20枚ぐらいプリントしてみるか!

ってことで、事務所に常備されている「フォト光沢紙」でプリントプリントプリント・・・


こんな感じ。

20110302-_DSC9264.jpg

で、この安い紙だと薄いからか、一度2枚いっぺんに入ってったり、更に5枚いっぺんに入ってってこれはさすがにヤバいだろって思って速攻中止して排紙しましたけど、こういうのは新しい古い関係ないんだなぁ。

一応証拠写真を一枚。

20110302-_DSC9259.jpg

2枚いっぺんに入っていっているのがわかりますかね?
ちなみにクリスピアではこんなことはなかったです。
やっぱり紙の厚さが関係するのかしら?

まあ、2枚いっぺんに入っていっても問題なければOKなんですけどw



そして、この日にやったプリントはこんな感じでした。

20110302-_DSC9267.jpg


この時点でのインクの残量。更に後の残量

A3ノビ10枚、A4約40枚です。


出力した後は観察します。

思った事、

きれいです。

きれいに見える写真を選んでプリントしているんだしね。


色補正がわからなくなってきた。

なんとなく今まで5100でやってきていて、画面と同じ色出てて、平賀スタジオ行って5800でプリントしてもとんでもなく色が違うなんてことなかったのに、なんでだろ?

まじめにわからなくなってきた。


事務所にはA3のクリスピアが結構あるんですけど、それは今年の「9台のカメラ」用に残しておきたいから、あとでテスト用にA4クリスピアを買ってこないとだ。

次回はA4クリスピアで、きっちり5100と比較や、平賀スタジオに行って5800との比較とかもやらないとモニタとしてはダメなんだろうなぁ~。

5100なんかと比べるなよ!って言われそうですが、それしかないんで^^;


ファインアートペーパーでプリントしたモノクロは秀逸だった。
これはすごくプリントしたくなる感じでした。
この紙と5Vでモノクロの作品作りたくなるって感情、わかる気がします。

特に冷黒調は自分の想いにかなりマッチした。

でも、俺には過ぎた紙だなぁw






関連:エプソンプロセレクションブログ

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

PX-5V レポート03

20110302-_DSC9231-Edit-3.jpg

今日は3回目のレポートです^^

はい、yukinyaa様に喝!を入れられても相変わらずへらへらしております。

今日は、画像処理やらないと後がつらくなるのでせっせと朝からやってたのですが、夕方どうにも我慢できなくなっちゃって、ダイエット散歩がてら秋葉原まで歩いて紙を買いに。

もうね、しっかり教えてもらったので、もう大丈夫。

ふふふ。

これでもうとんでもなく違う色はでないだろうw

で、帰ってきて早速、5100と5Vでプリント。

5Vでは、PhotoshopとLIGHTROOMでもプリント。

で、出てきたのは!

うん、もちろん5100と5Vでは色は違うけど、こないだみたいなトンデモ色ではない。

まあ、モニタsRGBなわけだから同じにはでないしね。

でも、想像できる色で出てきたのでOK。


ん?


あれ?


LIGHTROOMで出したやつとPhotoshop出だしたやつ結構色違うんだけどw





また間違ってたw

でもう一回、プリント。

・・・・

・・・・・・・

やっぱちがうww

てか、RIGHTROOMでのプリントはやっぱ結構ちがうよ~。

なんでだろ。

まあ

いいかw

どうせLIGHTROOMからプリントってめったにしないしな。


てことで、今日も疑問は残ったものの、5100と比べての感想。

5100よりかなり微妙な色を出してきている感じです。

5100では青一色に見えちゃうような所でもちゃんと起伏がわかるディティールを残してきます。

暗部の描写もスコンと落ちる感じがなくなった感じ。

まあ、5100と比べんなよ!って話は無しで^^;


今日はちょっと時間がないので、これで終わりますが、次回はグレーのグラデーションとかの比較を見て、更に平賀スタジオにお邪魔して5800との比較もしようかと考えています。

そうそう、とうとうマットブラックがなくなって初のインク交換となりました。

今回はちゃんと見て変えましたよ~。


_DSC9361.jpg







関連:エプソンセレクションブログ

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

PX-5V レポート04(ちょっとだけね)

_DSC9689.jpg

二日続けて事務所の椅子で寝てしまった。

5Vの話をちょっと書いてから家に帰ろうと思ったのだけど書きあがる前に寝た。


テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

EPSON PX-5V

20110302-_DSC9231-Edit-2.jpg

参照:エプソンプロセレクションブログ

なんかちっともトラックバックしてなかったりします。
実際、真剣に何かをプリントしてないからしゃーないっちゃしゃーないんですけどね。

相変わらず散歩にも行かずにひたすら画像処理の毎日ですが、昨日は画像処理プラスプリントもしていたんでちょっとその話をしようかと思います。

昨日はA4を120枚ほどプリントしました。
毎年この時期になるとやる仕事で、いつもは師匠の所にお邪魔してやっているのですが、今年は5Vが来ているので事務所でやることに。

で、思った感想。


1. インクの容量はもっと多くて俺的にはOK。

プロ機?なんだし、俺なんか目じゃないぐらい大量にプリントしている人絶対いるよね?
てか、俺が一番少なくてあとみんなもっとプリントすると思うんだけどそんなことない?
インクがでっかくなったとはいえ正直まだ不満。
「作品を作っていく=プロ機」って考え方なのかもだけど、「仕事で大量にプリントする=プロ機」って考え方もあると思うんですよね。


2. 20枚といわず100枚ぐらいセットできると楽かも。

やっぱ20枚は少ないよ~。
気が付いたら紙がねぇ。
セットして飯食いに行って帰ってきたら出来上がってるかと思ったら、紙がなくなっててストップしてた。とか。
たかだか100枚プリントするだけなのに結局プリンターの近くに居ないとダメな感じだった。


3. 高周波でてる時ある。

いや、ホントです。
てか俺に回ってきた機体だけの話かもしれませんが、常時ではなく時たま出てます。
なんかインクの残量が少なくなったときとかっぽいですけど。
ものすごく小さい音なので、ラジオとかかかってたら気がつかないのですけど、ふと静かになったときとかキーンって音がww
最初なにかな?って思ってたんだけど、プリンタの電源切ったら消えたので「ああwプリンタかよ!」みたいな感じで気がついた次第。
これ、俺的にはかなりのマイナスポイント。
んでも、他のブログのモニターの人からはそんな話が出てないのでやっぱ俺に回された機体だけかしら?
だからといってもう二度と5100には戻れないからモニタ終わったら買っちゃうんだろうなぁ。


と、まあこんな感じです。


20110422-_DSC1175.jpg
使用済みインクと残っているインク。
黒(フォトブラック)は現在1本追加購入な状態。

zan.jpg


関連
http://proselection.weblogs.jp/

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

いまさらですが、甘く見ていた。

エプソンの5Vのお話です。

フォトブラックからマットブラックに変えただけで、新品のフォトブラックがえらい減ったんだけど。
どういうことよ?

1/8か1/9は確実に減ったぜ。

05比較




関連リンク:エプソンプロセレクションブログ

昨日のインクの話の続き

なんか、W受賞!とかで、水を差すようであれですが・・・

昨日の話の続きをしましょう。

yukinyaaさんところとかでも話題になってたので、まあ仕方のない話なんだろうぐらいの認識しかなかったです。
「どうせ、ちょびっとインクが無駄になるだけなんだろ?いいんじゃんそのぐらいww」なんて考えてました。
でもね、やっぱ、1/8~1/9なくなっちゃうのは、痛いw
てか、なんもプリントしてないのにいきなりこんだけガクッと減るのが痛い。

おそらく私の使い方なら、マット紙でプリントなんてそうそうやらないから、目をつぶっていられる範囲なのかもだけど、逆にめったにやらないから目立つというかなんというか。

今回だってたまたま仕事でマット紙使うことになって切り替えて、んじゃせっかくだからどんくらい減るのか見てみるかなんて軽い気持ちで見てみたのですけどね。

なんとかならないもんなの?これって。
まあ、なんとかなるなら、既になんとかしているんだろうしなぁw

9回切り替えると、無駄に2本インクを消費して、無駄にメンテナンスタンクを消耗するってことだよね?
ヨドバシでインク一本2430円だよ・・・
家の近所の赤ちょうちんに一人で入ってべろんべろんに酔っ払って出てくるより高いぜ・・・

クオリティの高いプリントを作るってことは、経費は高くつくってことなんだろうなぁ~

01フォト→マット切り替え直前
フォト→マットの切り替え直前

02フォト→マット切り替え直後
フォト→マットの切り替え直後

03フォト→マット切り替え後200枚プリント後
マット紙を194枚プリントした直後
プリントしたものが写真混じりのテキストみたいな感じなので白が多くあんまりインクは減ってない様子

04マット→フォト切り替え直後
マット→フォトに切り替え後

マット紙なんぞもうモニタ機返すまで二度とやるか!とか思ってたのですけど、本日追加と修正が発生して近いうちにまたもマット紙をプリントすることに・・・
おそらくまた一往復しないとならんのかよ。

そういえば、和紙もマットブラックだっけ?
インクまた買わんと間に合わないよなぁ。

5100が完全に調子悪いから、モニタ終わっても5Vをどうせ買うから別にいいんだけど・・


関連リンク:エプソンプロセレクションブログ

お手紙が

20110302-_DSC9234-Edit-3.jpg


エプソンプロセレクションブログ事務局からお手紙が届きました。

「おらおら、文句ばっか言いやがって、さっさと返せや!ゴラァ!!」ってきたわけではないです。

「かえさねぇなら、さっさと金払えや!ゴラァ!!」ってきたわけでもないです。


非常にご丁寧に返却の案内と、別途販売のご案内をいただきました。
しかも、思ったよりリーズナブルに。

5100が調子悪いので、買い替えるのなら今しかないのかなと思っているので非常にうれしい手紙でした。

個人的に、色々不満が無いわけではないのですが、だからといって5100にはもう戻れん。
でもやっぱり、高周波はちょっと残念な感じだったなぁ。
他の方のブログ見ても誰もそんなこと書いてないから個体差なのか。

そいえば、和紙も貰っているんだった。

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

継続利用

20110523-_DSC1753.jpg

継続利用を申し込みました。
結局なんだかんだと色々文句を言えばきりがないのだけど、新しいものを使っちゃうと古いのにはもう戻れない。

5100が調子悪いといったって全く使えないわけじゃないのにね。
さて、有り余っている5100のインクはどうしようか・・・





関連リンク:エプソンプロセレクションブログ

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

やっぱり

ちょっと、やっぱり、納得いかんなぁ~。

後で和紙試すんだからマットブラックのままにしといたのだけど、急きょコンタクトシートを2枚ばかり出さないとならなくなり、結局切り替えることに。

で、切り替えたら、やっぱり減るわな。

騙されてる?

騙されてるの?、俺?

10枚もプリントしてないのにこんなん減るんか~。


20110525_.jpg

壊れないもんだ。

20111118-_DSC0724.jpg

20111118-_DSC0727.jpg

確か、このインクを替えたのは俺だった気がするので俺が悪いんだけど、普通に問題なく使えてた。
違う所に無理やり突っ込んだり、シール剥がさず突っ込んだり、決して壊そうとしているわけじゃないんですけどね^^;

てか、シール剥がさなくても大丈夫!ということが証明されました!
まあ、PX-5Vだけですけど。
7Vでも試してみるか。


次回は落下テストでもしてみようかしら?






関連:エプソンプロセレクションブログ

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

画質の進化

画質の進化について

いや、まあ、エプソンプロセレクションブログでご意見うんぬんなんて話が出ていたので、無理やり私も書いてみようかななんて思ったのです。
ぶっちゃけ言うと、hanchanjpの写真日記で半田さんが書いてたので、ああ俺も書かんと!なんて感じです^^;

さて、「画質の進化」と言われると実を言うと難しい気がしました。
これが、「画質の向上」とか、「プリンターの進化」とか問われれば、結構辛辣な意見が言えそうなのですが、「画質の進化」と言われたら、はて?って感じですし、「いや、もう進化とかできないんじゃね?」とか思ったり。

そこで、ちょっとだけまじめに考えました。
半田さんも書いていますが、蛍光色を実装っていうのは有りだなと。
要するに、特色を使えるようにするっていうのは結構いいのじゃないかなと。

例えば、金と銀を使えるようにするとか。

インクのスロットが余計に3カ所ぐらい空いていて、そこには何色でも入れて良い様な状態で、たとえるなら、金閣寺の写真をプリントするときには、ある一定色域に金色を乗せてプリントするとか、その時だけ空いているインクのスロットに金色をセットすると、あらまあ、金閣寺の写真がただの黄色い寺ではなくて、ちゃんと金色の乗っている写真になるとか。

ものすごい夕景の写真をプリントするときには、パープルオレンジ、ディープレッド、ショッキングピンクの3色を追加すると素晴らしい夕景の写真プリントが出来上がるとか。

サイパンで撮影した青い海と青い空と白い雲の写真をプリントするときに、ディープブルー、ペパーミントブルー、ナチュラルホワイトをセットすると、素晴らしいサイパンの海の写真がプリントできるとか。

これは、江口さんが書いているように金はいくらかかってもいいからなんかすごいもん作ってみろよ!ってところと共通する部分がある気がします。(もちろん江口さんはもっと丁寧な書き方をしておりますが^^;すみません、会った事もないのに・・・)

で、ここまで書いて思ったのは、いやもうインクを選ぶのは使う側に任せてしまえばいいのではないのだろうか?と思ったのです。
現状は、エプソンさんが用意した9色だか10色だかをスロットに入れて使っているのですが、そうではなくて、突然64色とか出してしまう。
で、消費者側(使用者側)に、「64色から好きなの選んで使ってねハート」みたいな感じにしてしまう。
10個スロットが空いている所に64色から10色選んで何色を詰めて使ってもいい感じにしてしまうとか。
もちろん、そんなことをしたら、「いや、宇谷屋さんプロファイル作るの大変でとてもじゃないけどそんなことできやしませんよ」とエプソンさんは言うかもしれません。

逆です。

使う側にそんなものは作らせればいいのです。
もっと言えば、プロファイル制作サイトでも作って誰でも投稿できるようにして、このインクの組み合わせでこの写真作りました~な感じの事をやればいいのです。
制作者サイドから言わせると、「ふふふ、俺だけのレシピがあってこの写真のブルーは映えるんだぜw」みたいな事ができるというのは魅力なのです。

画家が「この黄色を出すためにものすごい時間をかけて見つけ出した!」的な事を、エプソンさんのプリンターでやってしまうというのはどうでしょうか?

もちろん、最初の指標みたいなプロファイルは作ったらいいと思います。
夕日には、このインクの組み合わせを使うと良いですよ~とか、
ポートレートにはこのインクの組み合わせがいいですよ~とか。

64色を最初からは難しいかもしれません。
だったら、10スロットのプリンターを発表して、最初は12色発売。
半年に2色づつ追加していくとか。

どうでしょう?エプソンさんwwww


この意見採用されるような事はないでしょうけど、もしされるようなことがあったら、褒美にエプサイトで写真展やらせてくださいwww



以上、戯言でした。


関連:エプソンプロセレクションブログ

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

第17回「9台のカメラ」写真展
poster_2_small.jpg

日時:2014年11月20日(木)〜11月25日(火) 11:00〜19:00(最終日17:00まで)

場所:ヒルトピア アートスクエア
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-6-2 ヒルトン東京B1F
ヒルトピアショッピングアーケード内

プロフィール

宇谷屋

Author:宇谷屋
宇谷屋とは祖先の屋号らしいです。
今度田舎に行ったときにちゃんと見てきます。
間違ってたりして・・・

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事+コメント
リンク
More freedom 中島千鶴写真集
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
あっぷる亭で写真展
20140320-_DSC0201.jpg
三沢達則写真展「荒川から」

場所:あっぷる亭
日時:2014年5月末日まで

最新トラックバック
第16回「9台のカメラ」写真展
セチュアンの善人
第15回「9台のカメラ」写真展
2012_9xcamera_poster.jpg
第15回「9台のカメラ」


ご来場ありがとうございました。


第14回「9台のカメラ」写真展
poster_A2-01.jpg 第14回「9台のカメラ」

三沢達則「荒川萌え」

ご来場ありがとうございました。
第13回「9台のカメラ」写真展
写真展
FC2カウンター
バロメーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。