スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砲台跡地

いや、お台場なんですけどね^^;
看板があって、由来なんかが書いてあって、長男が意外に楽しんでいた。


20110129-_DSC7777.jpg

20110129-_DSC7781.jpg

20110129-_DSC7803.jpg

20110129-_DSC7805.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

荒川

20110123-_DSC7459.jpg

20110123-_DSC7462.jpg


最近雨がまとまって振らないので荒川に行っても水たまりがなくてあんまり面白くないです。
散歩もしてないんですけどね^^;

なので、写真も以前のやつです。

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

エプソンプロセレクションブログ

yukinyaaさんの所でエプソンプロセレクションブログの交流イベントの話が出てたので、酔っ払った勢いで二次募集に応募してみたら当選してしまった。

まさか俺みたいなのはいくらなんでもだめだろうなぁなんて思いながら「当たったらラッキーか」みたいな感じだったのですけどw

20110202-_DSC7875.jpg

さて、あとは如何にしてyukinyaaさんを朝まで拉致するかだけだな。



テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

インフルエンザ

末っ子がインフルエンザでダウン。

判定はA型インフルエンザ、もう山場は過ぎたのですが、ほぼ40度の高熱を出して、うなされるているというか、もう幻覚を見ている感じ。
寝言というかうわごとをかなり言ってたらしく、うちの妻の話だと夢の中では保育園に行っているらしい。

妻が所用で居ない時に見ていたら、見えない何かを目で追ってそれに手を出してつまんで捲るような動作をしてたりして、「あ~、大人には見えない何かが見えてるのかも」なんて思ったりしました。

予防接種も2回行っててこの症状かと思うと、改めてインフルエンザは怖いなと思ったり。

以前に読んだ本「四千万人を殺した戦慄のインフルエンザの正体を追う」を思いだしましたが、いや~やっぱり毎年交通事故で死ぬより死者の数が多いというのも納得。

2年前の冬にもインフルエンザが家族の中を席巻したのですけど、その時は意外にみんな軽い症状だったから「こんなもんか」と思ったんですけどね。

しかしこれ、鳥インフルエンザが出てきたら、スペイン風邪みたいにやっぱり人口の1/3ぐらい死んじゃってもおかしくないんだろうなと。

ちなみに、妻は仕事の関係上毎年予防接種は必須で受けているが、看病しているのでうつるかどうかは微妙。
私は、妻に毎回せわしく追いたてられているので予防接種も受けているし、末っ子との接触も極力避けているので運が良ければうつらずに済みそう。

問題は長男と長女の二人。
この二人、面倒くさがって予防接種を受けてない。
来週あたりからテスト期間に突入するというのにやけに絶妙なタイミングだとぶつぶつ二人して文句を垂れてた。

既に快方に向かっている末っ子は、熱が下がってきたのと同時に行動範囲が広がり、「もう保育園行ってもいいんじゃね?」って思ったりするのですが、解熱後三日間は登園禁止らしく、まだしばらく妻は仕事を休まないとだめなんだろうな。

20110124-_DSC7558.jpg

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

ブロガー様向け交流イベント

20110205-_DSC7926.jpg



エプソンプロセレクションブログが主催するブロガー交流イベントに行ってきました。
エプソンさんのスタッフの方々、有意義な時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。



内容的には、

新型プリンタ(PX-5V)の発表。
プリンターのモニタとして実機の貸出。
プリンターに関して記事をエントリー依頼。

が、主な事柄かと思います。


なので、早速まず今回のイベントについて書こうかなと思ったのですが、詳細については他のブロガーさん達の方が見識が深く、私がこれ以上の記事を書こうと思ったら二,三日考えないととか思っちゃうので、とりあえず、他のブロガーさんの記事にリンクしときます^^;

ふぐり日記

おらひ日記帳

七匹目のどじょう

hanchanjpの写真日記

shindoのブログ

Right-Light PhotoDiary

さて、リンク貼っただけで、終わりにしちゃうのはエプソンさんにも他のブロガーさんにも非常に失礼だし、かといって私ごときが何かまじめな話ができるほど知識があるわけじゃないので、ここは皆さんを代表して負のオーラ全開で批評に徹してみようかと思い、あげ足とる気満々で批判ばっかりのブログ記事を書いてみようかと思います。

私ごとき弱小カメラマンが何書いたってエプソンさんには痛くも痒くもないだろうし、私にとってだって底辺のカメラマンがこれ以上失うものもないですしね。^^

イベントの流れとしては、14:30から商品説明が小一時間ほどあり、その後写真家の吉田繁さんによるトークセッションがちょっとだけあって、最後に事前に持ってくるように言われたデータでの実際のプリントといった感じでした。
終了予定が16:30で、俺的にこの時間で終了ということは、「お時間のある方は別室にてレセプションの用意がございますのでお立ち寄りください」なんてアナウンスを期待したのですが、そんな期待は見事に裏切られてあっさり終了。

う~ん、これってどうなの?「交流イベント」だよね?
エプソンさん⇔ブロガーさんの「交流」として見たって「交流」してなくね?
ブロガーさん⇔ブロガーさんの「交流」だってほぼ皆無。
私自身、顔見知りの方としかしゃべりませんでしたしね。
正直言わせてもらえば、エプソンさん→ブロガーさんの一方通行。
そりゃあ、エプソンさんからの情報としては2時間も聞いてきたわけだからエプソンさんの話はよくわかりましたけど、ブロガーさんからの情報はいらないの?
ブロガーさんからの情報が要らないのだとしたら「交流イベント」ではなくて、「新製品発表会」じゃないだろうか?
実際、私がエプソンさんのスタッフさんと話をしたのは二言三言、ほぼ質問ばかり。

別に「酒ぐらい出せよ!」って言ってるわけじゃないですよ。
いや、言ってるのかもしれんけどね。^^;
俺が言いたいのは、ブロガーさん達にしゃべらせる機会が皆無だということ。
もちろん、最後の方に質問タイムがあったりしましたけど、俺みたいなヒッキーで大勢の人前でしゃべる機会なんぞほぼないやつにとっては質問なんてできるはずないのです。

「本社なもんでお酒は厳禁なんですよ」というならば、間に挟んだ休憩時間を長くしてもっとしゃべらせるor説明を深くするといった事は出来るかと思うのです。

終了後にしたって、再度お茶を進めて足を止めるなり、「お近くのスタッフがまだまだご質問にお答えします」とアナウンスしたっていいし、あれだけスタッフ揃えているのだからひとりひとりが、ブロガーさん達一人一人に何か感想を聞いてみるとか、いくらでもやりようはあると思うのです。

まあ、レセプションしちゃうっていうのはかなり安易で簡素で簡単なやり方ですし、かつこれは強力なのです。
だって、やっぱり飲まされた方は、今これ書いている俺みたいなやつのように悪口書けなくなりますもんね。
少なくとも酒飲みの俺としてはそういう場があったら、これ書いてないでしょうからw
それとやっぱり、酒が入ると人の口は軽くなるのです。
本音を聞いてみたいと思わない?思わないのかなぁ~エプソンさんは。
てか、商品自体が完全なものを作っている自信があるからブロガーさん達の意見なんぞいらないのかもしれませんし、市場調査で十分なのかも?!

なので、今回の「交流イベント」は「交流イベント」にあらず、実際には「ブロガー向け新商品説明会」とするのが妥当かと。

「そんなことぐらいで長々と書くなよ!」とおっしゃる諸先輩方がいるかもしれません。
実を言いますと、20代前半に某大手広告代理店グループのイベントメインの子会社の写真部門に2年半勤務していたので「イベント」と名の付くものには非常に敏感なのです。
それと、この手の「イベント」には過去に2,3回出席させていただいたことがあり、それと比べても参加者からの情報を引き出したいという感覚がエプソンさんはちょっと欠落している感じがしたのです。

感想としては、「あ~イベント会社もしくは代理店が噛んでいない純粋に企業が企画したイベントなんだ」と思ったのと、もし代理店が入っているとするならば、「ちょっとその代理店の担当者変えた方がいいんでない?」って感じです。

もちろん、予算ありきの話ではありますけど、やりようはいくらでもあるかと。


さて、長々と最初からろくでもないこと書いてしまったので、プリンターの実際のことに関してはまた今度書きます。

それと、実を言うとFC2でのトラックバックのやり方がいまいちよくわかってないのでトラックバックが遅くなるかもしれません、申し訳ないです^^;

あと、やっぱり懐の深いエプソンさんのことだからこんなこと書けちゃうってのがあると思うのでそこのところご了承ください^^;

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

ブロガー様向け交流イベント②

今日もエプソンプロセレクションブログのお話です。

その前に、前の記事を書いた後に、事務所でまったりとこれを書いていると、突然事務所の電話が鳴る。

日曜日の夜にわざわざ事務所に電話をしてくるなんて、何かいかがわしい勧誘ぐらいしか思い浮かばないのですが、一緒に居た相棒が電話をとった後、私に手渡してきたので「変な勧誘の相手するの面倒なんだな」とか思い、電話に出てみたらなんとエプソンさんから!

いあもうなんかどきどきしちゃいましたよ^^;

「あんなブログ書きやがって!」とか

「宇谷屋にモニタさせねぇ!」とか

言われるのかしら?なんてかなり身構えちゃったんですけど、トラックバックのちゃんとした方を消しちゃったとのこと。
いや、やり方わからずあれやこれや色々やってなんかわけわからんやつを私が送っちゃったやつの後処理をさせちゃった時の事故らしくて、ホント申し訳ないです^^;
しかし、いやぁ、さすがエプソンさん。懐の深いこと。

調子に乗ってもうちょっと過激に行こうかと決意を新たにしてしまったり。


さて、本題です。

前回はイベントそのものについて一生懸命あげ足をとってみました。
あんなん書いちゃったら、もう二度と呼ばれないんだろうなぁとか思ったり、逆に次回行ったら「どうだ!宇谷屋!これで文句ないだろ!」てな感じで酒がずら~っと並んでいるのかな?とか思ったりしております。

それと、dojyouさんにトラックバックのやり方を教わったのですが、どうやら試行錯誤の結果いったっぽい?です。
あ、それと、dojyou様、いただいた日本酒、おいしくいただきました。
こんなとこで申し訳ないですがお礼をのべさせていただきます。
ありがとうございました。



今回は新型プリンター(PX-5V)についての説明に思ったことを書いてみましょう。
せっせと粗さがししてみたのですがなかなか粗は出て来ませんでしたので今回も揚げ足とりです。

新型のプリンターですから当然旧製品から色々改良がなされているのです。

その中の一つでシャーシーの剛性アップについて技術の方が説明してくれたのですが、簡単に言えば、部材が頑丈になって重くなったということで、その分更に用紙のコントロール制御が良くなったとのこと。
これ、技術の方の話を聞いてた時は何にも疑問が出てこなかったのですけど、後から思ったのは、最小インクドットサイズが更に小さくなってかなりシビアになってきちゃって、とてもじゃないけど従来のフレームじゃあまともに制御しきれないって話なんじゃないかなぁ~と想像してみました。
いや、もちろん想像ですよ。素人の私がたいしてない頭をひねった結果としての想像です。

でもね、重くして部材を多くして、以前のフレームからの変更って結構なコスト高と、開発費の上乗せがあるのではないのかなと思うのです。
ユーザーサイドとしては、当然、重いより軽い方が良いでしょう。
メーカーサイドとしたって、旧製品と型が一緒の方が開発費だって部品だってコスト削減でしょう。

なんでこんな想像上の話をするかというと、フレームを変えたなんていう話を持ち出すぐらいだからおそらく相当な何か私たちには見えてこない(解らない)苦労があったから話していると思うのです。

それをなんかいとも簡単に「剛性アップ」のひとことでかたづけてしまう。

いや、限られた時間の中で「これの説明は何分以内」とか、そういう理由もあるのでしょう。

けれど、ブロガーとして参加した私が思うに、やっぱりそこの苦労したところの苦労話を聞かせてくれよ!と。
カタログなんかじゃ絶対謳わない様な話を参加したブロガーだけに聞かせてくれ!と。

なにもプ○○ェクトXばりのお涙ちょうだいの話を作れ!と言ってるわけじゃないんですけどね。

だからやっぱり、時間が足りないから、終了後のレセプションなんかがあるとそこですんなりそんな話が出てきたりして、やっぱりそういう話は面白いわけだし、そういった事の積み重ねがエプソン好き好きになるんじゃないだろうか。

「また、のませろって話かよ!」ってツッコミは無しで^^;


でもね、開発者の自慢話や苦労話って面白いし楽しいんですよ。絶対。
そういった人間臭さがあるレポートを伝え聞いて、それをやっぱり自分のブログで紹介してみたいなぁなんて思うのです。
開発者じゃなくたって、広告宣伝担当の方が、「いやぁ~今回カタログ作るのぎりぎりで~」なんて話でもいいんですよ。

そういう「俺しか知らない話をみんなに紹介するんだぜ~」的な欲望は満たされなかったなぁ今回のイベント。

話が随分と横道に逸れてしまいましたが、まあ、私のブログなんてこんなもんでしょう。
次回までにもうちょっと粗探してもうちょっとまともな話を書けるように努力しときます。


写真が一枚もないのもさびしいので、会場の写真をw


20110205-_DSC7932.jpg


20110205-_DSC7933.jpg








テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

ブロガー様向け交流イベント③

2回目に引き続き、今回も負のオーラ全開で書こうかとがんばってみますが、いかんせん製品(PX-5V)の完成度が高すぎて突っ込みどころが変な方向にばっかり向かっております。

今日初めてここを見る方なんて居ないかもしれませんが、一応説明しますと、エプソンプロセレクションブログのブロガー交流イベントに足を運んだ私がせっせと揚げ足とりをしている記事です。
yukinyaa様のブログの記事のタイトルなんか「ブロガー向け発表会」とかなってますけど、「交流イベント」ですからね、皆様お間違いなく。
でも、エプソンプロセレクションブログを見ると「PXー5V ブロガー発表会」とかタイトル付いてて、「あれ~案内の招待状は交流イベントなんだけどぉ?」みたいな突っ込みをしたくなる・・・まあ多くは語るまい。


さて、今日は本気でPX-5Vの弱点探しをしてみたので、そのあたりをだらだらと書いてみようかと思っております。
他のブロガーさんたちがもっとちゃんと書いているんで、かな~り躊躇したんですが、これから読む方には頭の中にある情報を忘れてもらうということでお願いします。

まず最初に気になったのは「メンテナスカートリッジの交換がユーザーにはできない」ということ。
これ本気で危機的なお話なんです。
実を言うと私の周りのカメラマンでこのメンテナンスカートリッジが交換できなくて、エプソンからC社に買い替えた人を二人ほど知っています。
この二人の内のおひとりに話の詳細を聞いた事があるのですが、仕事中(コンタクトシート作成)に突然印刷できなくなり、かといって仕事をしないわけにはいかず、速攻でヨドバシに車を飛ばしてプリンターを購入。
このとき、買ったのはかなり安いエントリーモデルのC社のプリンター。
理由は、突然仕事を中断させられてかなり不機嫌な状態において、不機嫌の原因になったエプソンを再度選ぶ気はなかったとの事。

「エプソン二度と買わねぇ!」って怒りを込めて言ってたのが印象的でした。

その後、この方のプリンターが壊れたときに再度選んだプリンターもC社でした。
おそらく、この方はこの先どんなにエプソンが良いって評判を聞いても二度とエプソンさんは選ばないんだろうなぁ。
ちなみにこの方の使用頻度は日に10~20枚A4コンタクトシートをプリントするぐらいで、ほかの用途には全く使わない人です。
たぶん、少なく見積もっても月に150枚ぐらいプリントしている感じの方ですね~。


次に気になるところはyukinyaa様が言っていた20枚しか入らない問題。
インクタンクが大きくなってインクを変える手間が少なくなったにも関わらず、相変わらずセットできる用紙の枚数は多くなってないって話です。
これって、エプソンさん盲点だった?んじゃないのかなぁ。
確かに仕事でこういうことあるよなぁと思いました。
例えば、A4のコンタクトシートを作っているときに1セット10枚で、それを4セット欲しいなんて話あります。
40枚セットして「飯行ってこよ」とかできるようになるのは便利ですよね。

エプソンさん「次回検討させていただきます」

yukinyaaさん「5年後ですね^^」

なんてやりとりしてて笑わせてもらいました。


最後はやっぱり皆さん注目するところのランニングコスト。
こういうのって、市場原理で売れれば売れるほど安くなるっていうのは適用外なのかなぁ~。
昔テレビでホチキスの針を売りたくてしょーがないなんて話をやってたけど、確かに延々と消耗品が売れればうれしいよね。
吉○家の牛丼みたいにある日突然値段を下げたら売り上げが3倍になったとかそういうのはプリンターのインクにも言えるもんじゃないのだろうか?

用紙が結構な値段で、インクも結構な値段で、インクなんか4セット買ったら本体が買えちゃう値段になっちゃうんだし、これがぜ~んぶ半額になったからといってユーザーが3倍使うか?って考えると使わないか^^;
難しい話だろうけど、なんとかもうちょっと安くなるとユーザーとしてはうれしいですね。


さて、ここまで書いて、もちろんモニタもする(させてもらえますよね?エプソンさん^^;)わけだし、PX-5Vを私が買うかどうかという話をしてみようかと思います。


その前に、私のプリンターの環境をちょっとだけ。
現在、事務所に鎮座しているプリンターはPX-G5100とPX-6000です。

PX-G5100はデザイナーの村岡さんのところに同じものが2台あるので「二台もいらんだろ一台1万で売れ!」と無理やりドナドナさせたもの。

PX-6000は、師匠に「大きいのいいだろ?」と言われて平賀スタジオから我が事務所に移住してきたもの。

プリンターの環境としてはこんな感じなのですが、実際のプリント環境としては、スナップなどの納品時にデータとともに付けて渡すコンタクトシートの作成にはPX-G5100でプリントして、何か大きなものをプリントするときにはPX-6000。
写真展をやるときなどの高品位なものを作りたいときには平賀スタジオに行ってPX-5800をお借りするって感じですので、ほぼ不自由のない環境なのかな?とか思ったりします。

平賀スタジオは私の事務所から歩いて10分ぐらいの距離なので、「ちょっと遠い場所にあるプリンター」って感覚で毎回お世話になってたりします。

前置きが長くなりましたが、今回エプソンさんに見せていただいたPX-5Vをうちの事務所で導入するならばやっぱり導入するための動機が必要となります。

当然買い替えた場合に画質の向上を考えるならば、これはもう文句のつけようがないと思います。
う~ん、欲しいのは確か。
だって、PX-G5100が微妙に調子悪かったりするんです。
こんなこと書くと「そりゃ買い替えでしょ」ってなりそうですが、どうもエプソンさんに乗せられているようないないような・・・

まあ、まだまだ先の話ですからね^^


イベントの話は今回でおしまいにします。

他にもつっこみたいところ色々あったんですけど、ちょっと頭の中で思い浮かべただけで本気で怒られそうな内容になりそうなんで^^;
まだ大して使ってもいないんであれですが、PX-5V自体は旧機種と比べて成長した機械でしょう、スペックだけみたら。
っていうか、ぶちゃけ言うと、dojouさんとかあのあたりの人があーでもないこーでもないってがんばって解析して色々やる事とか俺にはとーてー無理な話なんで^^;

写真展やるときだって額装するのに無酸テープ使わずにパーマセルテープでマットに貼っちゃうようなやつですからねww
そんなやつが機械借りてせっせと使ってみて、どのくらいのレポートが書けるのか微妙ですが、折角の機会ですので楽しんでみます。



写真がなんもないのもさびしいので今回はdojouさんにいただいた日本酒をパタと1枚。
なんか松ぼっくりが知らない間に紙袋の中に入っていて、これもおそらくdojyouさんのでしょうから一緒に。

20110207-_DSC8091.jpg

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

最近読んだ本(アンナ・カレーニナ)

ようやく、「アンナ・カレーニナ」を読み終えました。

トルストイはかなり好きな小説家の一人。
今まで読んだ事のあるものは、

イワンのばか

戦争と平和

人はなんで生きるか

光あるうち光の中を歩め

人生論

好きだという割には大して読んでないですね^^;
しかもアンナカレーニナを今更読んでいるわけだし・・・恋愛小説ってくくられ方をしていたので今まで手が出なかったのですけど。

光文社の個展新訳文庫なのでかなり読みやすかったのですが、結構時間かかったなぁ今回。
4巻(最終巻)の帯には恋愛小説の最高峰、遂に完結!って書いてあるんですが、私的には恋愛小説とはどうしても思えませんでした。

やっぱ、恋愛小説っていわれると、「マノンレスコー」とか、「アドルフ」とか、「初恋」とかを思い浮かべてしまうので、やっぱり「アンナカレーニナ」は恋愛小説として考えられない。

まあ、もちろん面白かったですよ。ただし、良くも悪しくもトルストイ満載って感じの小説です。
これでも、20代に読んでたらもっと面白く読めたかも。
30代で読んでたら途中で読むのやめてたかも。

トルストイの長編小説としては、「戦争と平和」の方が良かった気がします。
でもね、トルストイ一番いいのは「人はなんで生きるか」ですよ。
十代の頃一度、二十代の頃一度、三十になって更に一度の都合三度も読んでる小説ですしね。

俺の中で人に読ませたい小説No1です。


20110207-_DSC7954.jpg

20110207-_DSC7957.jpg

20110207-_DSC7972.jpg

20110207-_DSC8071.jpg

写真は何の脈絡もない月曜日の荒川です。

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

CP+

20110210-_DSC8274.jpg


師匠に券があるから行こうって誘われて行ってきました。

初日10時から入れるらしく、浅草9時に待ち合わせ。
みなとみらい駅に着いたものの、もう15年以上も来てなかったので、どこの田舎もんが出てきたんだっていうぐらい周りをきょろきょろ見渡しながら、ようやく現地に。
現地で大塚さんと合流して三人でとりあえず一回り。

エプソンさんのブースも先日のことがあるから、とりあえず見て回るも、知ってる方に会うのも気恥ずかしく、ちょっとだけ見てそそくさと退散。

コメットさんのブースでは師匠が社長となにやら延々と話をしていた横で、大塚さんと私でCT-jrをいじくりまわしてました。

アガイ商事さんの所も、もちろん、先日飲ませてもらっちゃったので本間さんにごあいさつに。

興味のある新商品とかもないし、結局2時間弱しかいませんでした。
しかも、会場で一枚も写真撮ってない^^;
dojouさんのセミナーがあるけど、予約してないし定員一杯だし有料だしってことで探しもせずに退散。

まあ、CP+についての詳細は、yukinyaaさんとかのレポートをご覧ください^^;



3人で腹が減ったという話になり、歩いて中華街まで。

20110209-_DSC8269.jpg

中華街では師匠と大塚さんオススメの四五六菜館に入り、ビールを三本ほど。

その後、JRに乗って帰路に。
上野で大塚さんと別れた後、師匠が「1時間だけちょっと」と言って用事がある蕎麦屋に3時ごろ入ってまたもやビールを^^;
ちびちびと飲んでいると師匠の携帯に筒井さんから電話。
後で来るとのことなので待っていると、今度はフォトグラファーズラボラトリーの林さんから電話、居るなら行くって話になったらしく、来ることに^^;
既にこの時点でビール4本ぐらい消費。

5時ぐらいに林さん到着、と思ってたらその後ろから那須川さんまでご来店、4人にw
更に筒井さんが合流して5人、更にこのメンバーならばと師匠が笠井さんに連絡して6人にw

いつのまにか大宴会になってしまい、結局10時半ごろまで飲んでました^^;
大塚さんが居たら更にもう一軒とかだったんだろうなぁと二人で話しながら、私はおとなしく帰路にw

師匠、ごちそうさまでした^^


20110209-_DSC8264.jpg
写真を一枚も撮ってないことに気がついてあわてて撮った一枚^^;

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

火曜日の荒川

20110208-_DSC8094.jpg

20110208-_DSC8101.jpg

20110208-_DSC8106.jpg

20110208-_DSC8130.jpg

以前に我が家で将棋がブレイクしているという話を書いたと思うのですが、最近、長男から聞いたところによると、末っ子相手に結構やばい時があるらしいです。

理由は意外と簡単で「20秒指し(ひとつ動かすのに制限時間20秒、超えるとその時点で負け)」でやっているからなんですね。
この20秒というのがかなりの曲者で、かなり短い。
ちょっと考えたらあっという間なのです20秒なんぞ。
それもこれも対局時計があるから。

長男から聞いた話なんですが、末っ子曰く、

「(俺には)迷いがないからね」

と、言ったそうで^^;
いやぁもう、6歳の子供の口からこんなセリフが出てくるとは思いもしなかったw

確かに迷いがない。
そりゃあ、長男から毎日「こうやって来たらこうやるんだよ」みたいな教わり方をしてるから、何も考えずにそう指してくる。
しかも、えらく手の込んだ指し方を長男から教わるもんだから結構ぐいぐい攻めてくる。

おそらく、将棋の本でも本気で読み始めたらあっという間に勝てなくなりそうですが、まだ字が読めないからね^^

もうしばらくは勝ち続けられると思ってます^^

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

火曜荒川(B&W)

20110208-_DSC8144.jpg

20110208-_DSC8149.jpg

20110208-_DSC8156.jpg

20110208-_DSC8163.jpg

予約投稿です。

雪降りそうですね。
積もったら荒川雪景色は撮っときたいなぁ。

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

松ぼっくり

20110212-_DSC8279.jpg

20110212-_DSC8289.jpg

何がやりたいか忘れてしまった^^;

テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

ちゃりんこ

ようやくインフルエンザ後の公園に、ちゃりんこで行くと言ってきかない末っ子。

しばらくぶりに乗ったので結構ふらふらした感じでした。


20110213-_DSC8301.jpg

20110213-_DSC8303.jpg
後ろは公園で会った同じ保育園のはっくん。


これを書いているとき、「ちゃりんこ」の語源にちょっと興味を持つ。
考えてみると、みんなちゃりんこと言っているがなんだろうな?的な感じ。

Wikiでちゃりんこをひくと、「子供のスリ」「自転車の俗称」と出てくる。
「ちりんちりんとベルを鳴らして走るとこからちゃりんこと言い始めた」みたいな話を誰かから聞いたことあるんだけど、かなり眉唾。

更に検索するとこんなの出てきた。


ちなみに、「ちゃりんこ」って私の田舎の方言かと思っていたのだけど、全国的なのがわかったのは東京に出てきてから。

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

確定申告

確定申告に行ってきました。

実を言うとここ最近毎回期日が過ぎてからの申告ばっかりで期日内は久々。
信用金庫にも怒られたばっかだしまじめに行ってきました。

子供が4人居るので毎回妻と扶養家族の取り合いだったりするのですが、ここ数年は私の取り分は一人だけ^^;

今時はネットでぴゃ~っとやっちゃうのがいいんでしょうけど、最後に署員の方がハンコを押してくれるやつが見たいし、やっぱなんか行かないと終わらないって感じがするんで行ってます。



写真は、昔の写真を。
20年前の妻と長男。
履いているジーパンがケミカルウォッシュとかで時代を感じます。
20110213-_DSC8291.jpg

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

夜、雪、帰り道

20110214-_DSC8305.jpg

20110214-_DSC8316.jpg

20110214-_DSC8323.jpg

20110214-_DSC8326.jpg

もうどうしようもないぐらい雪が降ることもここ数年ない気がします。


テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

雪、荒川

もう少しだけ雪景色お付き合いください。

20110215-_DSC8402.jpg

20110215-_DSC8406.jpg

20110215-_DSC8421.jpg

20110215-_DSC8455.jpg

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

ダンスを見る

師匠に誘われて、dojouさんの娘さんたち(P'LUSH)のダンスを見に行きました。
感想を言わせてもらうならば、

斬新すぎて、

まったく意味がわからず、

私のキャパシティをはるかに超えた創造物であるのに、

最後までまったく飽きさせないみごとなもの。

って、感じでしょうか。

普通に考えると理解不能なものっていうのは、拒絶反応が出てくる、もしくは飽きてしまうものなのですが、休憩なしの一時間まったく魅せられてしまった感があるのがすごいなと。

興味のある方はこのあたりをご覧ください。

終了後は、打ち上げまで参加させてもらっちゃいました^^;






なにか色々なものに圧倒されちゃって、写真は一枚も撮ってないので荒川の写真を^^;
せめて空舞台でも撮って帰ってくればよかったなぁ~

20110208-_DSC8220.jpg

テーマ : 創作モノ
ジャンル : その他

更に、雪、荒川(B&W)

20110215-_DSC8471.jpg

20110215-_DSC8488.jpg

20110215-_DSC8512.jpg

20110215-_DSC8462.jpg

もうちょっと曇り空の雪の荒川が撮りたかったなぁ。
もうちょっと早く家を出ればいいだけだったんだけど。
前の日飲んじゃって、しゃきっと起きれなかっただけ。
やっぱり、お酒を飲む機会を減らさないとだ!!!

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

お好み焼き

昨夜は、めずらしく7時前に帰宅。

長男と長女が「今日はお好み焼きだ!」と騒いでいるので、聞いてみると晩御飯をお好み焼きにするとのこと。

どうやら、具材は買いに行って後は切って作るだけらしいが、キャベツを誰が千切りにするかでもめている。

ええ、結局私が切ることに。

もうね、切った切った切りまくった感じ。

ついでに肉もエビもタコも切った。

混ぜるのはだるかったので長男がせっせと混ぜる混ぜる。

で、できたのがこれ。

20110217-_DSC8816.jpg

うちで一番でかい鍋にこれでもかってぐらいの量。

そうこうしているうちに妻帰宅。

早く食わせろってこれがうるさい。末っ子よりうるさい。

まあ、気持ちはわからないでもない。

私は帰宅後ネギ刻んで冷や奴食いながらビール一本飲んだからそんなに腹減ってないからね。

で、家のホットプレートで焼き始めたのですが、これが底が深い鍋もできるやつ用なのでかなりひっくり返しずらいし、なかなか焼けない。

20110217-_DSC8818.jpg

案の定あまりに不出来な感じだし、妻は「まだかまだか」とうるさいし、結局フライパンでも焼くことに。

20110217-_DSC8824.jpg

その後、できた順にひたすら食べて、作っては食べ、作っては食べ、作っては食べ、いくら作っても減らない^^;

ここで、長男が食い方にやけにうるさいのが判明。

妻がソースを追加すると「そんなにしょっぱくすんなよ!」と長男。

私がマヨネーズを追加すると、「そんなにマヨ使うなよ!」と長男。

いや、いいじゃん、好きなんだよマヨ。

キャベツ切ったの俺だよ。いいだろマヨぐらい。

てか、焼き方にうるさいんじゃなくて、食い方にうるさいやつは初めてだよ。


結局、作ったのは7枚、食べたのは5枚、「残りは明日の弁当だ~」と妻が騒いでたので、おそらく長男と長女と妻の弁当になっているのでしょう。

20110217-_DSC8830.jpg


テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

足が滑ります。

20110215-_DSC8358.jpg

ダイエットお散歩をするようになって靴の底があっという間に減るようになった。

つるつるの靴底だから、雪が降ったりするとものすごく滑る。

2000円弱の靴履いているってのも理由のひとつなんだろうけど^^;

15年以上前は1万円以下の靴なんか絶対に買わなかった。

考えてみると、ジーパンだってリーバイス以外履かなかったのに今じゃユ○クロ。

いや、全身ユ○クロだ。

ユニ○ロじゃないのはマフラーだけ。




今日も朝、雨が降っているだけなのに、滑った。
この時期滑ると致命的な人もいるだろうに。

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

木曜日、荒川

20110217-_DSC8619.jpg

20110217-_DSC8665.jpg

20110217-_DSC8669.jpg

20110217-_DSC8720.jpg

20110217-_DSC8761.jpg

予約投稿です。

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

男ですいません

今日、帰りの電車の広告で「男ですいません」というコピーを見ました。

いや、別に私は国語学者でもないし、中学校高校と国語は2と3の間を行ったり来たり程度の学力なので他人のことをとやかく言える身分ではないのですけど、「すいません」ではなくて、やっぱり「すみません」じゃないのかなぁ~っと思ったのです。

話し言葉として「すいません」は市民権を得ていますし、ネット上で「すいません」と書いている方は多数いるかと思いますし、私自身が「すいません」と書くこともあります。

でもね、2ちゃんじゃないし、そのへんのブログじゃないし、やっぱり大手企業の広告で「すいません」はないんじゃないだろうか。
それほどまでに「すいません」は市民権を得てしまったのかな。

以前、誰かのエッセイか何かで、外国人が日本に来て必死になって日本語を覚えて母国に帰り、5年後再度日本に来たら、まったく話がわからなかったなんて話が書いてありました。
世界で最も変化の速い言語なんて話もあったかと思います。

なんでこんな話を持ち出したかというと、最近読んでいるSF小説がかなり古くに訳されたもので、その小説の中に「たおやかに」という言い回しが書かれていたことにちょっと嬉しくなったのです。
今時の小説ではめったにお目にかかれない。
「たおやかに」なんて言葉を日常で使ってるひとすらみたことないですしね。
もっとも今の時代には「たおやか」な事象なんてないのかしら?

私が最後に「たおやか」を聞いたのは、数年前に実家に帰省した時に、母が当時小学校低学年の長女の濡れた髪をドライヤーで乾かしながら、「女の子は美しく、たおやかにね」と言っていたと妻から聞いたのが最後です。

「すいません」の広告を見た後に「たおやか」を見てちょっと不思議な感覚を持ったってだけの話ですがw



以前勤めていた会社で「やぶさかでない」という言い方をよく使う人が居て、この方と接点がなくなってもう20年近く経つのですが、未だにこの人以外から「やぶさかでない」なんて聞いたことがないので、じゃあ俺が使ってやろうなんて思っているのですが、いまだに使う機会を見つけられません。
もちろん使える機会はあるのでしょうが、見落としていたり、後から気が付いたりと、私の語学力ではせいぜいこんなもんだなと、思ったりしております。

20110208-_DSC8244.jpg

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

木曜、荒川、色付

20110217-_DSC8577.jpg

20110217-_DSC8642.jpg

20110217-_DSC8668.jpg

20110217-_DSC8725.jpg

20110217-_DSC8747.jpg

本日も予約投稿です。

色が付いたからってあんま変わりませんが^^;

たまには望遠レンズでも付けて行かないと毎回同じ写真ばっかだ。

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

サイエンスフィクション

40年以上も前に書かれたSF小説を読むとまずお目にかかれないのが携帯電話。
もしくはそれに準じた機能が付随されている機械。

何百年も未来の情景を克明に描いているのに、携帯電話らしき通信機能として有効な手段の機械は、ほぼ皆無と言っていいぐらい出てこないのです。

主人公は必死に走って、もしくは乗り物を走らせるか、飛ばすかして、連絡したりという場面が非常に多い。
「だめだ連絡がつかん」なんてセリフを吐いて必死に追いかけたりなんてことはしょっちゅう。
もちろん読んでいる方は、主人公が悪戦苦闘するわけだから、話が面白く読めるのは確かだけど、ちょっと冷静に考えると、「ケータイ使えばいいんじゃね?」「あ、この小説書かれた頃はケータイないからかw」なんて思っちゃったり。

それでも、古いSF小説でもしらけないで読めるものがかなりある。
やっぱり、たとえSFでも、話自体が面白くて売れていたりするんだよなぁ。



20110208-_DSC8259.jpg

俺の荒川も大概フィクションなんだけど^^;

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

亀戸の歩道

20110216-_DSC8548.jpg

亀戸もけっこうアートな町だったんだなぁ。

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

末っ子、絵本をみる

20110220-_DSC8846.jpg

20110220-_DSC8851.jpg


外で動き回らない日はない末っ子ですが、大人しく15分以上絵本をみる(読む)こともあるんだなとちょっと驚き。

私と読むと結末が気になって仕方ないらしく、すぐあきちゃうんですけど、妻と一緒だったから?とも思うのです。

まあ、私がめちゃくちゃ短気なので、そのせいもあるとは思うのですが^^;




短気でちょっとしたエピソードがあります。

相当前の話ですが、私、師匠、大塚さんで3人が3人とも車を乗って来た時がありました。
もうほとんど覚えてないのですが、仕事の帰りだったと思います。

確か、師匠が立体駐車場に入れるのを待っていたのだと思います。
で、入れるためには大塚さんの車をどかさないといけない状況だったんだと思います。

ここで食い違い。

師匠「大塚なかなか移動しないな~、移動してくれないと入れられないんだよな~、前がつまっているのかな?」

大塚さん「平賀さんなかなか駐車場に入れないな~、機械がおそいのかな?」

ほぼ無関係なんだけど待っている私「二人とも遅いな~なにやってんだろ?」

この三人、全員がこの時点で車の運転席に座っているのです。

この状況で最初にしびれを切らして真っ先に車から降りてったのは私^^;

そのときは大して気にもしなかったのですが、後から考えるとどう見ても私はものすごく短気でしたw

このことがあってから、かなりの短気なんだと自覚するようになりましたよ。



だからといって、短気は治らない。

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

スカイツリー

仕事の帰り道、事務所の近所で70歳ぐらいの一眼レフを持つ紳士に「こんにちは」と声をかけられました。

挨拶をされたのでこちらも「こんにちは」と挨拶。

そしたら、突然「ポイントありましたか?」とにこにこ顔で聞かれて一瞬なにを聞きたいんだろか?と疑問に思ったのですが、自分が三脚を持っていたのでおそらくスカイツリーを撮りに来ているのと勘違いをされたと気がつき、「いや、スカイツリー撮りに来ているんじゃないので」と言ってそそくさと事務所に戻る。

ふむ。最近は事務所の近辺で三脚持って歩いているとやっぱりスカイツリー撮りに来ているようにみられるんだなぁ~。

自分としては毎日見ているし、もう後は細いところがにょきにょき長くなるだけだからすごい興味のある物体ではなくなりつつある。
第一展望台のできる前のなにかわけのわからない不可思議で混沌とした物体だった時が既になつかしい。
高さにも慣れてしまった。


でも、やっぱり初めて見る人はすごいと思うんだろう。
じゃなきゃまだ完成していないのに既に何万人も観光に来ることはないのだろうしね。



20110216-_DSC8541.jpg

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

今日から

長男と長女が通う学校は、本日から休みだそうです。

もっとも、長男曰く、休みとは言わないらしく、授業が終了したとのこと。

成績が芳しくない人はこの後補習の連続で学校には相変わらず通わないといけないらしいし、部活動をしている学生は部活動の時間になるとやっぱり学校に行くらしいです。

休みなのに長男は朝からどこかに行く準備。
どこ行くのか聞くと、クラスの友人たちと朝から延々バーベキューだそうで^^;
あ~それで玄関に炭とバーベキューコンロが出ていたのかとちょっと疑問解消。
人数 × 1Kgの肉を用意するらしい^^;

長男とそんな話をしていると、長女が「○○さんもそれ行くの?」「△△さんも参加?」とやけに詳しく聞き出している。
どうやら音楽部の先輩の名前を挙げたらしく、最後に「ホントに部活あるのかなぁ~」と不安な感じw
あ~、ないよ、ないない、食いしん坊の19歳が集まってんだもん部活になんて行くやついないだろと思ってしまったw


バーベキューはクラスの友人や、部活の部員たちなどで、かなり頻繁にやっている感じです。
学校の近所にバーベキュー広場があるのもよくやる理由になっている気がします。

以前にやって帰って来たときに聞いた話をひとつ。

「とーちゃんさー、豚肉買いに行かせたら、豚小間買ってきたんだよね~、どう思う?」

まあ、確かにバーベキューで豚小間は買わないかもしれないけどなぁ。
でも、他所様の家のバーベキューのやり方に口が出せるほどうちも立派なバーベキューをしてるわけじゃないしw

長男が言うには「ありえない」「やつらバーベキューやったことないのか」「バラならまだいいけど小間はないだろ」と結構憤慨してた。

「じゃあ、お前が買いに行けばよかったじゃん」と言ったら、

「あいつら炭に火つけらんないんだよ、だから俺が買いに行きたくても行けないんだよ」とのこと。

ふむ。

結局、長男ほどの食いしん坊は居ないって話なんだな~と。
てか、お前はそんなに肉に飢えているのか、そんなに普段家で食わせてなかったっけ?w
考えてみると、妻が「肉肉毎日毎日うるさいんだよ~」って言ってたな・・・

「で、食わせたら食わせたでうめ~うめ~連発でうるさくってさ~、お前はヒツジか!って言いたくなるよ」と妻談。
いや、ヒツジは肉は食わないと思うけど^^;
てか、メーメー言うのはヤギじゃね?


20101121-_DSC3798.jpg

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

ラーメン

ラーメンは、

東に行けば行くほど太くなる。
西に行けば行くほど細くなる。
北に行けば行くほど縮れる。
南に行けば行くほどストレート。

と、昔どこかで聞いたことがあるのだが、どこで聞いたか忘れてしまった。
信憑性もかなり薄い。
私の中のメモリーなのでもしかしたらバグってて方向を間違って覚えているかもしれない。

でも、確かに、

札幌ラーメンは縮れていて太麺。
博多は細くてストレート。

現在は混沌としていて必ずしもこれには当てはまらない。


以前、家の近所に新しいラーメン屋さんができたので平日の昼間に行ってみる。

出てきたのはとんでもない量のもやしとキャベツを煮た野菜がてんこ盛り。
これでもかって言うぐらいてんこ盛り。
麺は多少の縮れのある超極太麺。というかほぼうどん。いや、うどんより太い感じがする。
後で、事務所の相棒に聞いたところによると、「ああ、○○系のラーメンね」とあっさり判明。
そうだ、相棒はかなりのラーメン通だった。

私はラーメンが好きだ。いや、麺ならば何でも好き。
好きなので、おおよそどんなラーメンが出てこようと、目指しているところに信念があるならば好き嫌いはしない。
多少的が外れていても気にせず食せるぐらい、グルメでもないし、舌が肥えているわけでもない。

でもね、これはつらかった。
店の中と外に貼ってある張り紙には、当店のラーメンは最低でも3回食べてください、そうすれば良さがわかりますみたいなことが書いてある。

まだ一度しか食べていない。
もう半年近く経つが、また食べたいとは思わない。
がまんしてあと2回食べたら、たまに食べたくなるラーメンになるのだろうか?
大体食いもん、がまんしてあと2回食べるとか普通に考えてあり得ない。
3回入った後にもう二度と来るか!って思ってしまっても、また食いたくなるのだろうか?

あの量の野菜を食べるのだからかなりの満腹感が得られるのは否定できない。
20年前なら非常に満足感が得られたかもしれない。
だからって食いたくなるのとは別だよなぁ。

俺にも苦手なラーメンがあるということがわかったというのは大きな収穫かもしれない。



20110125-_DSC7704.jpg

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

つなげてみた

_DSC8701-Edit-1.jpg

たまには、自動でつなげてみた。
こういう被写体はあっさりつながるし、手動でがんばってつなげることはしなくてもよくなりましたね。

散々やったあの苦労はなんだったんだろうと言いたくなる・・・

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

第17回「9台のカメラ」写真展
poster_2_small.jpg

日時:2014年11月20日(木)〜11月25日(火) 11:00〜19:00(最終日17:00まで)

場所:ヒルトピア アートスクエア
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-6-2 ヒルトン東京B1F
ヒルトピアショッピングアーケード内

プロフィール

宇谷屋

Author:宇谷屋
宇谷屋とは祖先の屋号らしいです。
今度田舎に行ったときにちゃんと見てきます。
間違ってたりして・・・

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最近の記事+コメント
リンク
More freedom 中島千鶴写真集
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新記事
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
あっぷる亭で写真展
20140320-_DSC0201.jpg
三沢達則写真展「荒川から」

場所:あっぷる亭
日時:2014年5月末日まで

最新トラックバック
第16回「9台のカメラ」写真展
セチュアンの善人
第15回「9台のカメラ」写真展
2012_9xcamera_poster.jpg
第15回「9台のカメラ」


ご来場ありがとうございました。


第14回「9台のカメラ」写真展
poster_A2-01.jpg 第14回「9台のカメラ」

三沢達則「荒川萌え」

ご来場ありがとうございました。
第13回「9台のカメラ」写真展
写真展
FC2カウンター
バロメーター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。